何だか癒される「弱くても勝てます」

現在放送中の、嵐・二宮和也くん主演のドラマ「弱くても勝てます」。

元々私は嵐ファンということもあり、二宮くん目当てで何気なく見始めたドラマですが、見事なまでにハマってしまいました。

このドラマは、有数の進学高校が舞台になっていて、主演の二宮くん演じる「青志先生」は、ひょんなことからその高校に赴任し、そこの野球部の顧問にされてしまいます。
ところがこの野球部、部員は少ない・基礎体力すらできていない・敵のボールに向かっていくだけの度胸すらもない、というとんでもない野球部。
一方、青志先生は典型的な「理系人間」。体を動かすより先に、まず頭で分析する「理屈屋タイプ」。しかもこの青志先生、実はこの高校の野球部のOB。しかも、イヤーな思い出ばかりが残る野球部だったのです。

そんな悪条件を、努力・忍耐・根性で克服・・・するのかと思いきや、全く違ったやり方で、部員たちの良い面を引き出していってしまうのです。
「強くなる必要なんてない、そもそも、お前たちは強くなれるわけがない。

だったら、弱いままで勝てるやり方を、みんなで見つけようじゃないか」
そんな爆弾発言を皮切りに、青志先生と野球部員たちの「草食系」な奮闘が始まりました。

「強くなる必要なんてない」と言いながら諦めはみじんもなく、「弱いままで」と言いながら、「部員たちにラクをさせる」という気持ちもない。
ただ、「その子たちに合ったやり方」というものを、「一緒に見つけていく」。

これって、一見やる気がなさそうに見えて、本当の理想の教育現場のあり方じゃないかと思うのです。

実際にこの青志先生、結構、恥も外聞も捨てて、部員たちと一緒に悩み苦しみ、時にはぶつぶつ愚痴までこぼしたりして、「自分の人間臭さ」を全開にしながら部員たちに向き合っているのです。「大人」ではなく、「一緒に苦しむ仲間」として。
だからこそ部員たちも、何だかんだ文句を言いながらも、青志先生について行ってしまうのです。

わーっという感動のあるドラマではないけれど、そんな人間模様に、なぜか毎週ぽろっと泣けてきてしまいます。
人間と人間が向き合うことって、派手さはないけれど、きっとこういうことなんだと、改めて気づかせてもらえる良いドラマです。
ぜひ1度見てみてくださいね。
私も続きが楽しみです